現品限り一斉値下げ! 大全紙 大額、額縁、デッサン額、水彩額-額縁

【J-791225】【エプソン】トナーカートリッジ LPA3ETC13【トナーカートリッジ】

現品限り一斉値下げ! 大全紙 大額、額縁、デッサン額、水彩額-額縁



(額 デッサン額 水彩フレーム 水彩額 ゴールド、シルバーの色があります。)
水彩画に必要な道具
水彩画を描くために最低限揃えておきたい道具についてご紹介したいと思います。
■ 透明水彩絵の具
絵の具は単品で購入するよりも、12色~36色程度が揃った画材セットがおすすめです。なにより基本色が揃っているので描きながら、欲しい色をそのつど追加していくことができ便利で良いでしょう。たくさんの色が揃った不透明水彩絵の具があると表現が広がります。チューブタイプのほか、持ち運びに便利な固形タイプも便利です。
■ 筆
筆には様々な大きさや形があります。実際に使ってみなければその良し悪しは分からないと思いますので、まずは6号前後の丸筆を1本から揃えてみましょう。軟毛系の筆が水彩画に向いています。
■ スケッチブック
一言でスケッチブックと言っても豊富な種類があります。紙の目の粗さによって、細目・中目・荒目に分かれています。水彩画らしい絵を描くなら、荒目がおすすめ。細かく描きたいなら細目を選びましょう。紙を変えるだけで、異なった表現が楽しめます。スケッチブックの大きさですが、一般的に描きやすい大きさは6号~10号と言われています。 水彩画においては紙の「厚さ」も重要です。薄い紙を使うと、水分を含んだときに反り返ってしまうことがあるからです。230g以上を目安にすることをおすすめします。
■ パレット
パレットには、プラスチック製と金属製があります。安価なのはプラスチックですが、本格的に続けていくのであれば、金属性がおすすめです。
■ 筆洗い
筆を洗うためのものですがコップやバケツでも代用可能です。屋外で描く際は水道が近くにない場合を想定して、筆洗いと水を入れた容器、汚れた水を持ち帰るバケツを持っていきましょう。分解してコンパクトにまとめられる容器なら、持ち運びにも便利です。
そのほかに必要な道具は、デッサン用鉛筆、ティッシュ、スポンジ、新聞紙、記録用のカメラ等です。必要に応じて揃えておきましょう。水彩画で表現出来る世界は広く、重ね塗りやぼかし、にじみ等のテクニックも豊富です。当店では画材セットを多数販売していますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
バルバッティ BARBATI ウォッシュ加工 スリムチノ ブラック ストレッチ P-KAP(110) 2019春夏【メンズ インポート イタリア】